手作りドッグフードを作る際には、健康面も考慮して作ることが重要です。

手作りドッグフードの注意点

 

愛犬のために手作りでドッグフードを作ってあげたい!と飼い主なら誰しも思うことでしょう。
しかし、手作りドッグフードにはメリットばかりではなくデメリットもあります。それは一体どのようなものなのでしょうか?

 

 

手作りドッグフードのメリット

市販のドッグフードには添加物が含まれている事が多く、中には犬の体に悪い合成着色料や合成保存料が含まれているものもあります。
しかし、手作りドッグフードであれば、添加物はありませんし、どんなものを愛犬が食べているのかを把握することができます。

 

また、おいしいものが作れるので愛犬も喜んで食べる事でしょう。
水分も食事から取る事が出来るので、水分不足に気を払わなくてもよくなります。
また、愛犬にアレルギーがある場合、それを考慮した食事を与える事が出来ます。

 

 

手作りドッグフードのデメリット

手作りドッグフードを毎日必ず作って与えていても、犬に対する栄養学を理解していなければ、どこかで栄養が偏ったり、カロリーが足りなかったりなどして、かえって犬の体調が悪くなる事があります。

 

また、手作りドッグフードは柔らかいものが多くなってしまいますので、歯の歯石や歯垢が溜まりやすく、歯周病などの歯の病気になりやすくなってしまいます。

 

病気になって病院に入院したり、ペットホテルに預けたり、病院からドッグフードを勧められた場合、ドッグフードなどを食べなくなる恐れもあります。

 

アドバイスをする主婦

このように手作りドッグフードを愛犬に与える場合、メリットよりもデメリットの方がより大きい事がわかります。
愛犬に安心・安全なおいしいものを食べさせたい、と思うのが飼い主の性ですが、手作りドッグフードは「主食」ではなく、「おやつ」程度にしておいたほうが無難で良いでしょう。

 

ウェットフードの特徴