肉副産物やミール系とは危険な加工がされた肉類のことなので、愛犬に与えてはいけません。

原材料に気をつける

日本では人間が食べるものについては法律で厳しくルールが定められており、それに沿った食品が販売されています。
そのためどんなものを購入しても大抵は安全に食べる事が出来ます。

 

しかし、犬の食べるものに関してはきちんとしたルールが定められていません。
同じドックフードであっても配合されているものはメーカーによって大きく異なります。

 

例えば1kg2,500円くらいで販売されているものもあれば、1kg500円ほどで販売されているものもありますよね。こんなに大きく値段が違う理由は、原材料が大きく異なることがあるのです。
安価に販売されているドックフードは愛犬にとって体によくないものが入っている事があります。愛犬は自分で食べられるものを選べません。自分の飼い主が出してくれるドックフードしか食べる事が出来ないのです。

虫眼鏡でチェックする女性

 

愛犬が元気に長生きしてもらう為にも、ドックフードは愛犬の体によいものを選びたいものです。

 

ドックフードを購入するときには必ず原材料を確認し、安心できる成分が配合されている物を購入するようにしましょう。
ここではドックフードに実際に含まれている危険な成分についてご紹介します。

 

 

肉副産物やミール系

肉副産物やミール系とは、人間が食べられない肉のことを指します。
どのような肉かと言うと「死んだ動物の肉(Dead)」「死にかけの動物の肉(Dying)」「障害をもった動物の肉(Disabled)」「病気の動物の肉(Diseased)」などで、頭文字をとって「4D」とも呼ばれます。
こういった肉はタダ同然で仕入れる事が出来るので、加工して安く販売しても利益を高く上げる事が出来るのです。

 

また、一般的には売れないような肉を少額でも販売したい、という畜産業者がいる、という現状もあります。
ミール系とは人間が食べられない内蔵などの部位が配合されているものを言います。時には動物の糞尿がまぎれたまま使用されていることもあります。

 

 

小麦粉などの穀物類

販売されているドックフードには小麦粉が使用されているものが多いのですが、穀物類は犬にとっては消化がしにくい食品なのでの消化器官に負担をかけやすく、摂取し続けることで健康に害を及ぼす可能性が考えられます。
また、トウモロコシは犬がアレルギーを引き起こしてしまう原因になる事が考えられます。

 

 

酸化防止剤などの保存料

保存料、着色料、酸化防止剤、保湿剤、保存料などの化学添加物が配合されているものは絶対に購入しないようにしましょう。人間が摂取してはいけないようなものが使用されている事が多く、犬の健康に危険を脅かすことがあります。
また、甘味料が配合されているものを購入するのも止めましょう。できるだけ無添加に近いドックフードを購入したほうが犬の体に安全と言えます。