動物病院で勧められるドッグフードは質の良い材料で作られたものがほとんどです。

動物病院で勧められるドッグフード

 

ペットとして飼われている犬であれば年に一度は必ず動物病院に行くものです。
病気でなくともワクチン接種や健康診断などで動物病院に行く事はよくありますよね。
動物病院には必ずドッグフードが販売されています。

 

あまり気にしたことはないけど、値段は高いものが多いイメージがある人がほとんどかと思います。
動物病院で勧められたことのある人も多いのではないのでしょうか。
動物病院で勧められるドッグフードはどのようなものなのでしょうか?

 

 

犬の療養食である場合

犬の寿命がどんどん長くなっていくに連れ、犬にも様々な病気にかかるリスクがあがってきました。
人間にように内臓が悪くなってきたり、関節が弱ってきたりなど、症状は様々です。

老犬のドッグフード

 

獣医と犬

そのため、内臓をいたわる為のドッグフードや関節をサポートするためのドッグフードなど、犬の症状に合ったドッグフードを勧めてくる場合があります。
薬だけではなく、食事の面からサポートをして犬の症状を緩和する手段です。

 

価格が高いものが多い為、犬の症状が快方に向かってくれば、今まで使用していたドッグフードに戻すと言う手段もあります。
しかし、犬が好んで食べない事があります。犬の嗜好にあわないものが多いのも事実です。

 

 

良質な材料を使用したドッグフード

市販のドッグフードには、添加物が含まれているものが多く、犬の体によくない合成着色料合成保存料が含まれていることがあります。

 

動物病院で販売されているものは、そういった添加物が含まれておらず、原材料にもこだわっているものが多く、そのため値段が高いものが販売されています。

 

市販で販売されている物の中でも、無添加であるものや安全性の高いものを選ぶ事もできますので、犬の事を考えて飼い主自身で愛犬に与えるべきドッグフードを考えるべきでしょう。