国産は安全なのか?ドッグフードの原産国で最も安全なのはどの国か

ドッグフードの原産国について

 

愛犬のごはんであるドッグフードを選ぶ際、原産国を気にするべきなのでしょうか?やはり国産を選んだ方が安全なのでしょうか?

 

 

原産国はどこがいい?

悩む女性

ドッグフードは様々な国で作られているものがたくさん輸入されています。そのため、ドッグフードを購入するときに外国産でも大丈夫なの?やはり国産の方が安全なの?と悩んでしまう方も多いかと思います。

 

外国産のドッグフードの場合、人間の食品のようにしっかりと品質管理をされずに輸送されてくる場合があります。

 

その場合、ドッグフードの質の劣化が心配されます。しかし、一般の人が輸送現場まで把握するのは難しいですよね。

 

そのため、外国産のドッグフードを選ぶときには、「並行輸入品」ではなく、「正規輸入品」を選ぶようにしましょう。
正規輸入品の方が品質管理がきちんとされて輸送されてくる可能性が高いと言えます。

 

アメリカ産や中国産のドッグフードの場合、日本では認められていない添加物が含まれている可能性があります。
これらの産地のドッグフードを購入する際は、特にしっかりと原材料をチェックすることが大事です。

 

 

国産は安全?

では国産のドッグフードはどうなのでしょうか?国産のドッグフードだから安全、とは一概には言えないのが現状です。

 

一つは日本にはペットフードに対する規制が全くありません。そのため、人の食品のように安全な品質管理をしなくてはいけないわけではないのです。

 

国産のドッグフードであっても合成着色料や合成保存料が含まれている場合があります。
また、輸入されたドッグフードを日本で加工していれば「国産」表示ができるため、必ず「国産」ではないということもあります。

 

 

一番安全な原産国はどこ?

ドッグフードが一番安全とされている国は「ドイツ」です。ドイツは動物愛護先進国であり、ドッグフードに対しても「人間と同じレベルの食材を使用すること」という規制があります。